【 駐車場有り】

 50台 普通車500円(税込/泊)(24h出し入れ自由)

【 バイク地下駐車場有り】

 300円(税込/泊)(24h出し入れ自由)

【 トラック(大型車)の場合】

 要お問い合わせ。

 18時~翌朝8時までの時間厳守の駐車場へのご案内

【 フロント】

 24h対応、門限なし
【 チェックイン】

 15:00
【 チェックアウト】

 11:00

【 住所 】

 〒085-0014 北海道釧路市末広町12-2 

【 電話番号】

 0154-22-3111

【 FAX番号】

 0154-22-3116

【 交通アクセス】

 釧路駅から徒歩3分。

©2018 HOTEL PALUDE All rights reserved.

釧路市周辺の
イベント・観光情報

釧路観光を楽しむための情報をご案内致します。

 

釧路周辺のイベント情報

釧路大漁どんぱく花火大会

●啄木・雪あかりの町・釧路 (毎年1月21日の週の土曜日・釧路市)
石川啄木が初めて釧路にやって来た1908年1月21日を記念し、毎年1月21日の週の土曜日に開催される、石川啄木の来釧記念イベントです。「雪あかり講演会」や「啄木百人一首」、約2000個の氷のキャンドルや紙袋ランタンが灯もる幻想的な風景を楽しめます。


●冬の動物園まつり (2月上旬・釧路市)
釧路市動物園でそりすべり大会、ミニ雪像作り等が楽しめるイベントです。

●MOO氷まつり (2月上旬・釧路市)

フィッシャーマンズワーフMOOの隣で、氷でできた巨大迷路やチューブスライダーを楽しむことができます。


●くしろ冬まつり (2月上旬・釧路市)
釧路市観光国際交流センター前庭で、氷彫刻や、釧路の石炭で目や口をつけた雪だるま等を見ることができます。他にもグルメや、夜間のライトアップ・打ち上げ花火を楽しめます。


●鶴居村タンチョウフェスティバル (2月上旬・鶴居村)
地元グルメが味わえる屋台や、タンチョウの鳴き声コンテスト、タンチョウになりきって氷の上で片足立ちで何分耐えられるかを競う競技等のイベントを楽しむことができます。

●春の遊園地まつり (4月中旬・釧路市)
冬の間閉鎖していた園内遊園地の大型遊具が運転開始する日に、コイン式除く遊具が無料で乗り放題となります。

●春の動物園まつり (4月下旬〜5月上旬・釧路市)
ヒツジの毛刈り公開や、体験学習、ワークショップ、ステージショー等を楽しめます。


●MOOこどもまつり (5月上旬・釧路市)
縁日や遊具広場、動物の展示・ふれあいコーナー等のイベントが行われます。


●くしろチューリップ&花フェア (5月下旬・釧路市)
色とりどりのチューリップが咲き誇る鶴ヶ岱公園で、ご当地グルメや露店、ステージ、大抽選会等を楽しめます。

●あっけし桜・牡蠣まつり (5月中旬~下旬・厚岸町)
カキやアサリなどの海産物の販売が行われます。その場で炭火焼きにして食べることもできます。

●釧路町桜まつり (5月中旬~下旬・釧路町) 
日本一遅い桜を楽しめるお祭りです。郷土芸能の「釧路昆布森たこ踊り」の催し物や釧路町の特産物の販売等が行われます。

 

●桜まつり (5月下旬・浜中町)
浜中町の桜が満開となる頃に開催されるお花見イベントです。

●トキメキときまつり(和商の日) (6月中旬・釧路市)
釧路和商市場の「和商の日」に開催される、釧路定置トキシラズ(春から夏にかけて獲れる鮭)のPRイベントです。定置トキシラズの解体ショーや、重さ当てクイズが行われます。

●北のビーナス蕗まつり (6月中旬・音別町)
音別産の生のフキの販売や、郷土芸能「蕗まつり音頭」の発表等が行われます。

 

●釧路市漁協青年部 子供お魚まつり (6月下旬・釧路市)
魚釣り体験やミニミニ水族館等、お子様が楽しめるイベントがたくさん。フードコーナーや魚の販売もあります。

●港in白糠大漁まつり(6月下旬・白糠町) 
白糠漁港で開催されるお祭りで、新鮮な海の幸はもちろんのこと、遊覧航海(クルージング)や遊漁体験(釣り船での釣り)も楽しめます。

 

●あっけしあやめまつり(6月下旬~7月上旬・厚岸町)
北太平洋シーサイドライン「岬と花の霧街道」の景勝地・あやめヶ原で、一面に咲いた約30万株のヒオウギアヤメの美しさを楽しむことができます。

 

●厳島神社例大祭 (7月上旬・釧路市)
御輿行列のパレードや屋台を楽しむことができます。

 

●浜中うまいもん市 (7月上旬・浜中町)
霧多布湿原の花と、トキシラズやカキといった旬の海産物や浜中町の食材を使ったグルメを楽しめます。

 

●厚岸港まつり (7月上旬・厚岸町) 
町民が「厚岸音頭」に合わせて踊る「厚岸音頭市中大パレード」が行われます。また、「厚岸夏まつり」と「町民花火大会」も同時開催されます。

 

●つるい納涼まつり (7月中旬~下旬・鶴居村)
女性限定の尻相撲大会やビールの早飲み競争などの催し物が開催されます。夏の夜を楽しめるお祭りです。

 

●MOO誕生祭 (7月下旬・釧路市)
パルーデから徒歩で12分ほどの距離にある「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」で行われる、MOOの誕生祭です。家族で楽しめるイベントや、特産品の販売があります。

 

●くしろ霧フェスティバル (7月下旬・釧路市)
霧の街と呼ばれる程霧が出る日が多い釧路。その釧路を象徴する霧にレーザーを照射する、幻想的なイベントです。露店やステージショーも楽しめます。

 

●夜の動物園まつり (7月下旬・8月上旬・8月中旬・釧路市)
釧路市動物園で開催される、フクロウをはじめとする夜間の動物の様子を観察できるイベントです。キャンドルアート等も楽しめます

 

●くしろ港まつり (8月上旬・釧路市)
三大パレードである「大漁ばやしパレード」「市民踊りパレード」「音楽パレード」を始め、様々なイベントが繰り広げられる、盛大なイベントです。

 

●釧新花火大会 (8月中旬・釧路市)
ナイアガラの滝やスターマイン等の6部構成からなる、道東屈指の規模の花火大会です。新釧路川の河川敷から約8000発の花火が打ち上げられます。

 

●FM釧路春採夏まつり (8月中旬・釧路市)
ステージイベントや抽選会、屋台や盆踊り等、盛りだくさんなお祭りです。

 

●春採湖水まつり (8月中旬・釧路市)
春採湖の湖岸での野外演奏や花火大会を楽しむ事ができるイベントです。

 

●くしろ市民北海盆踊り (8月中旬・釧路市)
「手踊り」「フリースタイル」「仮装」の 3部門のコンクールが北大通りで行われます。「子ども・親子の部」では、飛び入り参加もできます。

●KUSHIROおもてなしグルメフェスタ (8月中旬・釧路市)
会場は、パルーデから徒歩で行く事ができる幣舞河畔公園。おもてなしのグランプリ決定戦に、割り箸で投票する事ができます。道東のグルメや、ステージイベント等の催し物を楽しめます。


●鶴居ふるさと仮装盆踊り花火大会 (8月中旬・鶴居村)
個人・団体・子どものチームが踊りと仮装を競い合う「仮装盆踊り」と「花火大会」が開催されます。

 

●おんべつ商工まつり (8月中旬・音別町)
郷土芸能「蕗まつり音頭」の披露や、ステージイベント、花火大会が開催されます。屋台村の登場も楽しみの一つです。

 

●釧路ら・フェスタ (8月下旬〜9月上旬・釧路市)
道産素材にこだわったラーメンを食べられる、北海道最大級のラーメンフェスティバルです。

 

●釧路大漁どんぱく (9月上旬・釧路市)
「どんぱく」とは、花火の打ち上げ音の「どん」と、食材を食べる擬音「ぱくぱく」の「ぱく」を組み合わせた言葉です。前夜祭の、釧路市の歓楽街・末広地区の料飲店を、時間内に5軒はしごする大人気イベント「釧路すえひろはしご酒大会」から始まり、寿司、そば、釧路ラーメン、炉端、ガレット、菓子、地酒、イベントオリジナル料理と、釧路の職人が作る様々な料理を楽しめる「いい味イキイキくしろ」、三尺の巨大な花火玉を打ち上げる大迫力の「釧路大漁どんぱく花火大会」、根釧牛乳の試飲や搾乳疑似体験コーナー等の釧路の農業に親しむイベントが盛りだくさんの「農業農村フェア in KUSHIRO」、そして最終日には釧路のサンマやイカの即売・マグロの解体販売など、釧路自慢の海の幸を存分に楽しめる「Oh!!さかなまつり」が開催されます。

 

●きりったっぷ岬まつり (9月中旬・浜中町)
海産物をメインとした、グルメを楽しむイベントです。例年海産物の掴み取りや、特産品の販売が行われています。

●ルパン三世フェスティバルIN浜中町 (9月中旬・浜中町)
「ルパン三世」の作者・モンキー・パンチのふるさとである浜中町を舞台に、ルパン三世コンテンツと浜中町のグルメを楽しむイベントです。

 

●標茶町産業まつり (9月上旬・標茶町)
酪農が盛んな標茶町の秋の味覚を存分に楽しめるイベントです。標茶高等学校の生徒による手作り加工品の販売も行われます。

 

●鶴居ふるさとまつり (9月中旬・鶴居村) 
酪農にちなんだ「牛乳早飲み競争」や、牛の鳴きまねを競う「モーモーコンテスト」といったゲームが多数開催される、鶴居村最大のお祭りです。鶴居村産の野菜の即売会なども行われます。

 

●霧多布神社例大祭 (9月下旬・浜中町)
浜中で最も歴史あるお祭りです。神輿や山車、太鼓の競演を楽しむ事ができます。

 

●北のビーナス BBQまつり (10月上旬・音別町)
格安で販売されているバーベキューの食材を、会場で焼いて食べられるイベントです。秋の音別を存分に楽しめます。

 

●あっけし牡蠣まつり (10月上旬・厚岸町) 
出店が多数出店され、カキやアサリ、サンマやホタテなどが販売されます。その場で炭火焼で楽しむこともできます。

●昆布森みなとまつり (10月上旬・釧路町) 
地元特産品の販売や、小学生を対象とした「秋鮭のつかみ取り」、「打ち上げ花火」等のイベントが行われます。

●くしろ物産祭り (12月中旬・釧路市)
釧路の新鮮な海産物や加工品などの、地域の特産品が集まります。購入した商品は、会場から地方発送もできます。

●クリスマス ZOO (12月下旬・釧路市)
釧路市動物園で開催されるクリスマスイベントです。オリジナル景品が当たるスタンプラリーや、トナカイ舎の特別見学などが行われます。

釧路周辺の観光スポット

幣舞橋から望む釧路の夕日

●幣舞橋

釧路の夕日は「世界三大夕日」の一つと言われており、幣舞橋はその美しい釧路の夕日が見られる絶景スポットです。

​パルーデから徒歩12分と、気軽に見に行ける距離にあります。

 

●釧路市湿原展望台

いわずと知れた釧路随一の景勝地です。3階の展望室と屋上から眺める景色は絶景です。ショップやレストランもあります。


●北斗展望地

広大に続く釧路湿原を実感できるスポットです。

●くしろ湿原ノロッコ号 (4月下旬〜10月下旬)
釧路〜塘路間の釧路湿原をのんびり走る観光列車・ノロッコ号に乗って釧路湿原の風景を楽しむことができます。


●SL・DL冬の湿原号(釧路駅発) 
湿原を優雅に疾走する冬の風物語。純白に染まる湿原を力走する姿は冬ならではです。 
地元のネイチャーガイドによる解説を楽しむことができます。車内にはだるまストーブがあり、売店で売っている珍味を焼いて食べる事も出来ます。 

【運行日】1月下旬〜2月下旬 (詳しい運航日につきましてはこちらからご確認ください)


●釧路市ふれあいホースパーク

初心者でも安心の乗馬体験施設です。気軽に乗馬指導を受けたり、森林散策ができるホーストレッキングを楽しむことができます。


●カヌー体験

釧路湿原を巡るカヌー体験は格別です。一年中楽しむことができます。 


●釧路市丹頂鶴自然公園

絶滅の危惧にあるタンチョウを保護する目的で作られた、1年を通してタンチョウに出会える日本初のツル公園です


●鶴見台

朝方と午後の1日2回、タンチョウへの給餌を見ることが出来ます。


●釧路市動物園

シマフクロウやタンチョウなど希少生物他、東北海道に棲む動物が人気です。夏には夜ならではのイベントが楽しめる「夜の動物園まつり」も開催されます。

(イベント情報につきましてはこちらからご確認ください)